チタン豆知識

本文の始まりです

チタンって、どんな金属なの?

チタンの特徴


チタンの三大特徴と言えば『軽い』『強い』『錆びない』。代表的な3つの金属、銅・鉄・アルミニウムと比べてみると、それがはっきり分かります。
 まず、『軽さ』ですが、これは密度(どのくらい詰まっているか)を比べることによって分かります。例えば、満杯に水の入ったバケツと、半分水の入ったバケツの重さを比べれば、水の量が半分のバケツの方が、当然、軽いように、密度が少なければ、軽い金属だと言えます。
 アルミニウムの軽さには及ばないものの、鉄の3分の2程度。銅と比べると、半分くらいになります。 

次に、『強さ』を調べてみましょう。
 実はチタンは、高い温度(885℃)になると変身します! 885℃を越えると、結晶が熱に強い構造に変わるため、非常に熱に対して強い金属であると言えます。銅・鉄・アルミニウムと比べると、熱してとける温度が一番高いのです。
 他にも、バネのように、もどってくる力(たわむ力)を比べると、鉄の2倍もあります。曲げても、きちんと元に戻る金属です。

 『錆びない』を考える場合、海水を思ってもらうと分かりやすいでしょう。銅・鉄・アルミニウムと比べると、チタンは海水(塩水)にとても強いのです。海や川の中でも錆びにくいので、橋の足などに使われます。また、理科の実験で使った、塩酸や硫酸などの“酸”にも強く、とけにくく、くずれにくい金属です。



 他にも、チタンは電気や熱を通しにくい(銅・鉄・アルミニウムと比べ1番)という特徴もあります。他の金属に多くみられる有毒性もなく、アレルギー反応を引き起こす原因にならないのも、大きな特徴であると言えます。


チタン加工・チタン製品開発の事ならお任せ下さい。

TEL.093-381-2234

主な取り扱い材料及び加工技術

チタン、タンタル、ハステロイ、ステンレス、機械加工、曲げ加工、製缶加工、溶接加工